私立楊幼稚園でかかる費用ってどんなもの?

幼稚園には【安くできる費用】と【どうしようもない費用】がある!

初めての幼稚園選びは、親にとって非常に気になるものです。

特に経済的に余裕がない場合、「幼稚園ってどのくらいお金がかかるの」と迷ってしまうと思います。

 

現在は3年保育が主流になっている地域が多いと思います。
しかし、経済的なことを考えると、たった1年の学費でも、

 

年間30万円程度の節約になるので、2年保育にするか、3年保育するにか、考えてしまうと思います。

 

 

今は、早生まれでも3年保育で入れる人が多くなっています。

 

そこで、私立幼稚園への入園を迷っている人へ、幼稚園でかかる具体的な費用をご紹介します!
まず、幼稚園には、【安くできる費用】と節約できない【どうしようもない費用】の2パターンがあります。

 

【安くできる費用】というのは、園から指定がされていない用品や、
自分で選択ができる【バス】や【給食】の利用費です。

 

一方、【どうしようもない費用】というのは、
【入学金や月々の学費】【園で指定されている制服など】です。

 

私立幼稚園の費用を安くするのであれば、
【どうしようもない費用】が安く設定されている園を選ぶのが一つのポイントになってきます!

 

固定費となる【どうしようもない費用】が高いと、
いくら【安くできる費用】を節約しても、節約効果が薄くなってしまいます。

私立幼稚園にいれるのであれば入園準備に最低でも10万円は用意しよう!

では、私立幼稚園に入園する時には、どのくらいのお金を準備した方が良いのか?

地域によって、園によって費用は違ってきますが、最低でも10万円は用意するべきだと思います。

 

特に制服がある園の場合、入園金と園服を揃えるだけで、10万円を超える可能性もあります。
実際、地方の私立幼稚園に通っている私の娘の場合も、入園金と制服だけで10万円を超えました。

 

文房具用品、スモック、運動着なども全部含めれば15万円はないと厳しいという印象がありました。
娘の通っている幼稚園は、小中高一貫教育のミッション系幼稚園で
バス代込みで2万8千円くらいですから、恐らく全国的にも平均的な幼稚園だと思います。

 

もっと安い幼稚園もありますし、もっと高いケースもあると思います。
どうしても入園費用が心配な人は、制服指定がない幼稚園を選ぶのも一つの手段だと思います。

 

制服の費用は、安い園は2、3万円で済みますが、高い園は10万円近くかかることもあります。
私の子供の幼稚園も、夏冬揃えて6万円以上しました。

 

やはり園服の費用はかなり入園の時には大きいので、
どうしても経済的に厳しいと思うのであれば、私服通園できるところを選んだ方が良いかもしれません。

 

しかし、私服通園になった場合、私服の費用も意外にかかるので、
長期的な目で見れば、園服の方が安く済むという意見もありますので難しいところです。

手提げバッグや体操着入れは手作りの方が意外に高い!?

幼稚園では、入園の時に【手作りバッグ】【手作りの体操着入れ】を作るように言われることがあります。

園によっては市販品でもOKというところがありますが、手作りにこだわっている園もあります。

 

その場合、親が生地を買って、作ることになりますが、実はこれが意外に高いのです!

 

 

お気に入りの生地を購入しようと思うと、それだけで何千円もしてしまうことがあるのです。

 

また、ミシンがない人の場合は、ミシンをレンタルしたり、購入することになるので、お金がかかります!
手縫いも可能ではありますが、やはり何度も洗濯しているうちに、
手縫いの方はボロボロになってきて耐久性がないので、
個人的にはミシンを使うことをおススメします。

 

費用が高くなっても、ミシン縫いの方が長い目で見た時に使えます。
こうした部分の費用については、ケチらないことが大事だと思います!

 

万が一、手縫いでボロボロになってしまった場合、改めて生地を購入したり、
再び縫い直す労力を考えれば、最初にしっかりとミシン縫いをする方が楽で経済的です。
手作りでバッグなどを色々と準備する場合、かなりの時間がかかりますので、裁縫に自信がない人は、早めに作りたいですよね。
そういう人は、幼稚園の見学の時に、入園を決めているのであれば、寸法なども聞いてしまうのも一つの手段だと思います。

結局最後は【教育方針や先生との相性】が大事!

私立幼稚園は費用が高いですが、地域によっては近所に公立幼稚園がないので、仕方なく入れるケースも多いと思います。

ただし、子供が初めて教育を受ける場所を選ぶのですから、やはり学費の安さだけで決めることはしたくないと思います。

 

結局最後に大事になってくるのは、
やはり園の教育方針と先生方の相性だと思います。
その上で学費が安ければ理想ですよね!

 

やはり学費が安い幼稚園と高い幼稚園では、色々な違いが出てきます。
遊び重視の幼稚園とお勉強系の幼稚園では、やはりお勉強系の幼稚園の方が、
パソコンの授業や英会話の授業が組み込まれているので、高くなりがちです。

 

ただし、遊び重視の幼稚園でも、美術系の幼稚園では、それこそ文房具の費用がかかったりするので一概にお金がかからないというワケではありません。
やはりその幼稚園自体を気に入っていないと、後から後悔してしまうと思います。

 

子供が気に入っている幼稚園を選ぶのも大事ですし。
親から見た時に、先生の対応が良いというのも楽しい幼稚園生活を送る上で、絶対条件になってくると思います。

 

やはり【先生との相性】というのは、非常に重要です。
先生との相性が悪いと、それだけで幼稚園生活に不満が貯まりやすくなってしまいます。

 

即日振込 キャッシング